読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リベンジ木曽駒ヶ岳

毎年恒例の木曽駒ヶ岳登山に行ったもののガッカリな天候でリベンジを誓い失意の下山をしたのは先月のこと
(前編はmixiのみですが・・・)

そのリベンジは思いの他早く実行する事が出来ました


木曽駒の玄関口である駒ヶ根市まで行く道中、満天の星空が素晴らしく絶好の天候での登山を確信していたのですが、いざロープウェイで千畳敷まで登ってみると残念ながら雲が出てしまってちょっぴり残念

ベテランの登山者が“●●岳の上に変な雲がおるわい”“雷様がやって来る前に下に降りた方がよさそうだわい”等と言ってるのがまるでお告げのようで内心ビクビク・・・しながら登山を始めましたが無事に山頂に到着。


たしかにお告げ通りの嫌な感じの雲が頭上を覆ってはいるものの、風は比較的穏やかで雨も降ってないし何とか天候は持ちこたえそう。ただ山頂の気温は1℃ほどしかなく、季節はもう完全に冬。



途中、寒さしのぎで山小屋も初体験(休憩のみだけど)。薄暗い板張りの食堂でストーブにあたりながら飲む割高な値段のコーヒーは美味かった。



過去二回は天気はヤバイくらいによかったものの同じルートを行ったり来たりで変化に乏しかったけど、今回は過去に足を延ばしていないルートをプチ縦走したりして、山を歩いた充足感はひとしお。

来年はもっと足を延ばして山小屋に1泊してみよう。