読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだつが上がらない長良川ライド 美濃は夜行け

自転車で長良川沿いを走って来たら中々気持ちよかったので文章で残しておこうと思います。先月の出来事なので“今更・・・”な感じですがよければお読み下さいませー



和紙とうだつの街並み美濃市をスタート


今回の起点は岐阜県美濃市。美濃和紙とうだつの街並みが有名なところです。


「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、出世したり境遇が良くならない人を例える言葉である“うだつが上がらない”という言葉は「うだつ」が裕福な人しか造る事が出来なかった為、庶民の間から生まれた言葉だそうです。

格差というのはいつの時代にもあるって事ですが、何だか嫌な由来だ(自分自身がまさに“キングオブうだつの上がらない男”であるからなおさら身に染みる・・・)


まー、うだつが上がらない事をうだうだ言っても仕方が無いので、気持ちを切り替え自転車を組み立てスタートです。


美濃市からの長良川沿いは終始両岸に道が走っており、一方は交通量の多い国道なんですがもう一方は地元の人の生活道路と言った感じで交通量も少なめで超快適。


もちろん終始リバービューだし

木立の中を快適にビュンビュン走れちゃう。マイナスイオン出まくってんなー



今回は下流から上流に向かって走ってますが、以前、川沿いに走るローカル線の終点まで輪行して今回の逆の行路で下って来た事があります。

輪行=自転車を持参で(専用のバッグ等に収納して)鉄道等を使って移動する事

その時は桜が見事で、走っても走っても見事な桜があるもんだから昼から80キロも走ってしまいました。



今日は桜は無いけど相変わらず長良川の水は清らかで心が清々する。先月行った波照間島の海の水もキレイだったけど長良川の水も彩りは違えど負けない程キレイやねー・・・


水も綺麗だけど山の緑も濃くて自転車止めてつい深呼吸したくなる


川を渡る小船とかアイテムが長閑すぎるぜ長良川



郡上踊りと清流の町 郡上八幡


信号全く無いし車も殆ど通らない素敵すぎて昇天してしまいそうな快適コースを30キロ程行くと郡上八幡の町に到着します。


故郷って感じの郡上八幡駅・・・素敵だなー

どうせならこういう味わいのある駅に帰省してみたい。
ギコフ星(実家)の最寄り駅はプレハブチックで趣きのかけらも無いから憧れる。



郡上八幡といえば有名なのが“郡上踊り”ですね
きっとこんな感じで夏場にやるんだと思う(投げやりな説明)

何でも郡上踊りは地元の人に混じって観光客もひとつ輪になって踊る事が出来るみたいで「見る踊り」ではなく「踊る踊り」と言われているらしい。しかも明け方まで続くうえに場所を変えて町内のあちこちで32夜に渡って続くらしいですよ!

毎日参加してたらテンション上がってサイバーノリピーみたいになりそうですね。



郡上の街も美濃と同じく落ち着いた街並み



前回の写真ですが長良川の支流が街中を流れています。



どうでもイイ事なんですがやたら床屋が多い一角あってその中の一店「わだのとこや」というネーミングセンスは中々なものだと思いました。

もっとゆっくり見て回りたかったけど、今回の自転車はロードレーサーなので格好もピッチリ系であまりうろうろ出来ず、昼飯もコンビニで済ませ小一時間の滞在で美濃に戻る事にします。


帰り道はヤヤ下りだから快適〜


ただ山あいだから日が陰るのも早そうで暗くなるのはもちろん気温も下がるだろうからちょっと急がねば。


走れギコフ。ギコフは走った。己のお腹の脂肪を燃焼させる為にギコフは走った・・・



暮れゆく美濃の街並みの美しさ


夕方の美濃の街並みはなかなか素敵でした。


この光線状態、この角度だと“うだつ”がよく分かりますね!
家のサイドの白い壁が防火壁を兼ねた“うだつ”です。いにしえの格差社会の象徴“うだつ”です!

キングオブ庶民のギコフはオートロックやエレベーターのあるマンションに住んだ事が無いのですが、それらが備えられてるマンションが勝ち組っぽく見える様と“うだつが上がらない”と言う言葉が生まれた背景というかメカニズムは似ているのではと思います。

それはさておき・・・


訪れた時期は美濃和紙を使ったランタンの様な物が街のいたる所に設置してあり夕方にかけて調度灯りが点されていていい雰囲気でした(美濃和紙灯りアート展というイベントで使った灯りのアートの一部がそのまま展示されていたっぽい)。


家の軒先にも置いてあります。なかなかマッチしてますね。


自転車を分解したり着替えたりしてたら日が暮れて更に夕闇に包まれた美濃の街は益々素敵な感じになって行きます。


ちょっと立ち寄った和紙屋さん。


灯りのアートもより美しくなっていました。


美濃の街は昼もいいけど、暮れてからが美しいんですねー

お薦めですよ美濃市

終り


※年末の休みが一日長くなったので明日から近場をうろうろしてきます。どこ行くかあまり決めてないけど雪が見たいかも。