小牧基地の航空際に行って来た。

珍しく日曜日が休みになり、自転車仲間の方々とツーリングがてら同日に開催されていた航空自衛隊小牧基地航空祭を見物する企画に参加して参りました。



いつもノーマルのMTBで暴走自転車と化しながら山を下ったり、健脚揃いの方々に紛れて嘔きそうになりながらロードで坂道を登ったりと何かとドSな目に合う事が多いのですが今回は比較的ソフトなプレーです。小牧基地までは10キロ弱の道のり、朝練の野球小僧が練習に行くのと同じような時間から走り始めて9時ごろには基地に着いていましたが、流石、自衛隊の朝は早く既に大勢の人が訪れていました。



基地の至るところには逞しくていかにも頼りがいのある自衛官がゴロゴロいて、感じる安心感は相当なものです。仮に基地内で病気、怪我、迷子になったとしても直ちにそれらの事態に対応してくれるだろうし、今日、大地震が起きても自衛官がこんなに大勢周りにいれば、むしろ普段よりも上げ膳据え膳かもしれません。


小牧基地は大きな輸送機が配備されてる基地なので、それらの飛行機が展示飛行をしたりヘリコプターが暴れ狂うように飛び回っています。



普段、自宅の上をのんびり飛んでるように見えるこれらの飛行機も、編隊で飛んだり、通常行わないような旋回をしたりでかなりの迫力でした。



本当は戦闘機がガンガン飛び回るような刺激の強い飛行も見たかったのですが、それらの飛行機は地上展示が主でした。仮に飛んだとしても今回はコンパクトカメラだったので、輸送機に比べてかなり小さい戦闘機が高速で飛び回ったところで低性能なコンデジでそれらを撮る事は難しかったかもです。




自衛隊航空祭と言えばアクロバティック飛行で有名なブルーインパルスですが、小牧基地にも来ていました。



去年、岐阜基地航空祭の時に近くを通りかかり、望遠カメラを構えた人が河川敷に大勢いるのを見てブルーインパルスの飛行が見れる穴場スポットだと思い一緒に待ち構えていたら、その人達は航空マニアでなくバードウォッチングの方々だった事があります。見れる事は見れたのですが絶好のポイントではなかったので、今日は昨年のリベンジだと思っていたのですが、今回のブルーインパルスは同日にセントレアで開催されていたイベントで飛行するのが目的で、小牧基地では曲技飛行は無しとの事で残念でした。




皆でセントレアに向けて飛んで行くのを眺めていました・・・・



ブルーインパルスが飛んで行く時間帯は流石の賑わいで、カメラを抱えたマニアで溢れかえっていました。



そんな中、軍用車両の非常に細かい部分をしきりに写真に収めている人がいたりと、軍事オタクも様々なようですが、あまり執拗に写真を撮るとスパイ扱いされかねません。


その他にも様々な展示がありました。



飛行服やヘルメットなんかも子供たちが着れるようなサービスがあって可愛らしかったのですが



傍のマネキンのもっこり具合が妙に卑猥で目のやり場に困る感じでした。



隊員が作ったプラモデルの展示はかなりの“どうでもいい感”でしたが、真ん中にさりげなくオスプレイが飾られているのは何か主張したげな感じです。



愛想を振りまいていた除染の人・・・・・この人に関しては本当に自衛官なのかどうかも分かりません。



武器の展示。お昼に露天で買った肉巻きおにぎりがイマイチだったので、このバズーカ砲であの店を・・・・




基地の外れで行っていた、ローカルタレントと謎のゆるキャラのイベント。他の展示が大いに賑わっている中、この一画だけはしめやかな感じで盛り上がっておらず、近寄りがたかったです。




そんな小牧基地航空祭でしたが3.11以降、何かと注目を浴び、必要性は増すばかりの自衛隊。このようなイベントに足を運んだ事がきっかけで将来自衛官を志す人が増えたらいいですね!と散々茶化したのでPRしときます。