「外国みたい」と外国人旅行者に言わしめた美瑛〜富良野自転車行脚“2013”

こんにちは。

今年はどこも行かないし行けない・・・と覚悟していたのですが、来月(8月)にマイルが大量に失効する事を知りあっさり前言撤回。早めの夏休みを取り、昨年に引き続き自転車持参で北海道に行って参りました。

去年の上富良野〜美瑛自転車ツアーはこちら

本当は釧路や稚内辺りに行きたかったのですが、名古屋からの直通が無かったので向かったのは旭川。もう何度も訪問したのですが、美瑛〜富良野周辺をのんびり走ってきました。



◆◆何度訪れても損はない相変わらず絶景の美瑛の丘◆◆


4回目の美瑛ですが何度来ても“ここが日本なのか”と思ってしまいます。



至るところにWindowsのデスクトップ画面のような美しい丘が・・・・



7月の3連休という、一年で最も混雑する時期に訪問したのにも関わらず、昨年宿泊した宿のご主人に教えて貰った“観光客が殆ど来ない”絶景ポイントをずっと走っていたので、美瑛では他の観光客と遭遇する事は殆どありませんでした。


観光マップには載っていないエリアに続く絶景ロード。


晴れていれば正面に雄大な旭岳を望めるのですがちょっと雲がかかってしまいました。
それでも素晴らしい眺めです。

この辺りは丘陵地帯の尾根伝いにずっと道が伸びていて、正面は旭岳、周囲は一面美しくうねる丘陵地帯、見上げれば青い空と白い雲。感じる奥行きと立体感が普段目にする日本の自然とは違って圧迫感がまるでない。


絶景すぎてテンション上がりすぎ注意。



観光客が訪れるエリアだったら絶対に人々が群がっていただろう名も無き木。

こんな光景が次々に現れてキリがない感じでした。



この辺りは各地の種芋となるジャガイモを栽培していて、靴底を介して害虫や病気を持ち込まれると影響が美瑛意外にも及ぶ為に観光マップには載っていないのだと立ち寄ったカフェのオーナーが言っていた。でも絶対に立ち入ったらいけないという訳ではないので、自転車で走る分には問題なく、ただアスファルト以外の部分には入らないほうがいいとの事でした。



美瑛はJRを境にして市街地の反対側のエリアにマイルドセブンの丘やケンとメリーの木など、かつてCM等に登場して有名になった絵になるスポットが集中していて、その反対側に観光客にあまり来て欲しくないエリアがある事から、観光客可なエリアに〇〇の木や■■の丘といった鑑賞ポイントを設置し、デリケートな農作物を栽培しているエリアに観光客が向かわないようにしているのではないかと思いました。




少し走って、昨年もおとずれた秘境カフェ“ries cafe”



周りに何もないところにポツンとあって本当に気持ちのいい空間でのんびり時間を過ごす事が出来る。たまたま在店していたオーナーは自転車にも造詣が深く色々な話を聞く事ができた。

昨年に引き続き激しくお薦めしたい名カフェです。



カフェのすぐ近くにある五稜の丘周辺も観光客が訪れない絶景ポイント。



ここは観光客が来られたら困るとかではなく、大型のバスとかが入れないのであまり人が来ないらしい。



美瑛の美しい丘の光景をちょっと高いところから見下ろす事ができ心の中が浄化される感じです。



ずっと坂道を登ってきたけど、疲れとか全く感じなかった。脳が疲れを感じる以上に絶景が与える感動が疲れを麻痺させてくれます。


さっきまで雲にかかっていた山々がちょっとだけ姿を現しました。次回は登ってみたいです。


◆◆何があるのかよく分からないけど富良野に行ってみた◆◆




日を改めて、富良野にも足を運びました。

しかし、富良野って知名度は抜群だけど正直何があるか分からないというか全貌が見えてこない感じ。

富良野と言えば?と問われれば“北の国から”か“北海の荒鷲こと松山光キャプテン翼のふらのFC主将)”くらい。



早く着きすぎて宿にチェックイン出来なかったのでぶらぶら走っていて、たまたまたどり着いたローカル線の駅は“北の国から”で田中邦衛親子が最初に降り立った駅であった。




広い構内ではあるけれど、日に数本しか列車がやって来ないローカル駅・・・・
北の国から菅原文太が出た回と岩城晃一が死んだシーンくらいしか印象に無いので特にこれといった感情は湧き上がってこないのですが駅でボーっとしている間にも何人か観光客が訪れていたので北の国からが好きな人には欠かせないスポットなのかもしれません。



その後しばらく富良野を走っていました。
美瑛に比べたら特長に乏しい景色なんですが日常目にする雑多な光景と比べれば充分絶景です。


ries cafeオーナーが「富良野の街は碁盤目状で自転車で走っても景色が代わり栄えしなく退屈かもしれないので鳥沼という地区から山を登るとイイかも」とおっしゃっていたので翌日頑張って登ってみました。



富良野の街を見下ろしながら頑張って登る



次第に周囲が牧歌的になっていき・・・




登りきるとヨーロッパの高原のような光景が広がっていてとても気持ちが良かった。


後で知った事ですが、この辺りは北の国からのロケが頻繁に行われていたみたいで、岩城晃一の農場も走って来た道沿いにあったらしく、道中目にしたどこかの畑で、草太兄ちゃん(岩城晃一)がトラクターの下敷きになって死んだのかと思うとちょっとだけ感慨深かった。

※何故、北の国からをあまり見ていないのに、やたら岩城晃一が印象に残っているかというと、彼がトラクターの下敷きになって死んでしまった直後のCMが「でっかく行こうぜ」と岩城晃一爽やかに叫ぶのエルグランドのCMだったから。そしてCM明け、岩城晃一の葬式という恐ろしくタイミングの悪いこの一連の流れが衝撃的で、肝心のストーリーはさっぱり覚えていないのです。



富良野の町は平坦で特に特徴は無かったけど、一山登ったこの辺りは本当に広大でやや美瑛のような感じで、畑の彩りがとても眩しかった。



今回目にした中で最もふかふかな感じだった畑。ビールの原料を栽培してるみたい。


しかしずっと走っていても誰もいない・・・・



佐々木さんしかみていない・・・



何も無かったけど走っていて風が気持ちよく、それだけで充分満足だった富良野(だいぶ裏側)でした。



◆◆今回宿泊した個性的な二つの宿◆◆

今回は旭川富良野にあるゲストハウスに宿泊しました。

あんまりお金をかけれないってのもあったし、沖縄行脚の影響で個人的な旅行はゲストハウス泊が当たり前になってしまった。


◆◆旭川で沖縄な雰囲気を味わえるゲストハウス旭川


旭川で宿泊したゲストハウス旭川は沖縄出身のオーナーご夫婦が切り盛りされている素敵なゲストハウス。



オーナーは長い事日本最西端の与那国島に住んでいて、奥様の出身地である旭川でゲストハウスを開業するという日本の国土を最大限に活用した人生を送っていて何より生き様がカッコイイのです。



まさか旭川で“どなん”を目にするとは思わなかったし、三線が弾けるとは思わなかった。

オーナーファミリーは沖縄の血が流れているだけあって皆、明るく朗らか
外国人旅行者はこの宿に宿泊すれば日本を旅する不安なんて必ず吹き飛ぶと思った。
ホスピタリティって施設の充実も重要だけど、もてなす側の人間性こそが最も大切であると感じずにはいられない本当に素晴らしいゲストハウスです。



滞在中、様々な国の人と交流する事が出来た(日本語ペラペラの外国人旅行者が多くて助かった)。



デンマーク人の女性はとても表情豊かで明るく「北海道は日本なのに外国みたいな美しい景色で凄い」と言っていたのが印象深かった。外国人なのに。聞けば、デンマークには山が殆どなく標高の高いところでも100数メートルくらいしかなく、高い山に感動するらしい。

韓国人の大学生の子は、日本人か!と思えるほど日本語がペラペラでしかも高校の授業で習っただけで、今回が初の日本だと言っていて驚いた。韓国と日本の間にはデリケートな問題があるけれど、彼女は各地で日本人から親切されたと言っていたし日本が大好きなようで嬉しかった。自分も今まで会った韓国人の知り合いは皆イイ人ばかりだったのでもともと反韓な感情はあまり無いけど、ニュースで目にする両国の反韓反日な風潮は決して鵜呑みにしていけないと思ったし、あてにならないと強く思った。



滞在中、前述の韓国の大学生と実家のすぐ近くの住んでる静岡大学生とでジンギスカンを食べに行き先輩風を吹かさせて頂きましたが、まず本場のジンギスカンが美味しくて安かったです!静韓交流万歳でした。



◆◆木の香りが心地よいゴリョウゲストハウス



富良野ではゴリョウゲストハウスという街外れにあるゲストハウスにお世話になりました。



北海道の古民家を改装した居心地の良い宿で、内装も古さを感じさせないお洒落な設えでとても落ち着く宿でした。


昼間は窓から差し込む緑がまぶしく



夜は静けさに包まれるという、あたりまえの事がとても贅沢に思える環境でした。

ここも外国人の旅行者が多く、スウェーデン人は休みが5週間と言っていた。

それで国は機能するのだから日本はどうにかならんものかと強く思いました・・・・


*ちなみに全四泊して1万円いってないです。しかも今回は貯まった楽天ポイントで決算したので実質宿泊代0円でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そんな感じの早めの夏休みでしたが、今年は楽しむカードを早く使ってしまったので残りの日々をどう乗り切るかを考えたら滅入ってしまいますが何とか頑張って行きたいと思います。