読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なSHIMANAGASHI 波照間島2014


こんにちは。



今年もマイルの消滅期限がやってきて、1年9カ月ぶりに個人的保養所と化した波照間島に上陸して参りました。
前回訪問時の様子はコチラ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆◆1年9ヶ月前と特に変わらない島の光景




もはや書き記す事もないほど訪れているので、どこかで見たような手垢の付いた写真ばかりで内容も薄めですが、相変わらずの美しい景色が早くも懐かしく感じられます・・・さすがに前回とはあまり変わった様子はありませんでしたが、これでも初めて訪れた14年前と比べたら若干発展しています。




7月のこの時期に上陸するのは初めてで「梅雨明けのニシハマの海の青さはやばい・・・」と以前聞いた事がありましたが、それも納得の美しさ。


ただ晴れれば通年でこれくらい美しいような気もします。

連日、シュノーケルをしていたので背中だけ焼けてアルフォートのようになってしまったので近々スーパー銭湯にでも行って黒さを均一にしないといけないかもです・・・



目新しい島の変化も特になくぶらぶら散策してもいるのはヤギくらい。



凄いポジションでぐうぐう立ち寝しているヤギ発見。



「!」気づかれる。



見られると落ち着かないようすでした。



逃げるヤギの群れを追跡。

彼らは茂み隠れたりせず、延々と道路上を逃げて行き、ちゃんと交差点で曲がるというマナーの良さで心打たれました。





これから夏本番といった感じの島の光景。

ただの雲や電信柱でさえも絵になる離島の不思議な力。




賑わいを見せる空港通り・・・


一度空路で訪れてみたかったです。




原始すぎる公園“ぶりぶち公園”



野趣溢れすぎな雰囲気は相変わらずでした・・・




最南端のいじられキャラ“イチ”も元気そうでした。(前々回訪問時、イチとの釣り対決)




◆◆目指せ世界遺産登録!民宿たましろの「顕著な普遍的価値(?)」



宿泊したのは日本の宿泊施設の逆頂点に君臨する名宿たましろ(今回はここしか空いてなかった)。


たましろでは宿泊費を支払って快適さを手放すという斬新な旅スタイルを体験する事が出来ます。食事の際等は様々な年代&キャラクターの人々との間で社交性を磨き、対人関係の構築力も鍛えられます。宿主の玉城さんのホスピタリティー精神の98%は食事のボリュームに捧げられ、居住性への関心は僅かだけど、この宿を愛する旅人は多く、お金では得られないプライスレスな何かを求めにやって来ているように思います。



今回は戦争を経験している年代なのにウィンドサーファーでカッコいい九州男児の爺ちゃん(流暢な久留米弁)と一緒で大いに刺激を受けました。一日中シュノーケルしていて椰子の実拾ってきてたけど腐ってた。とてもざっくばらんな性格で人生を謳歌するには楽観的である事が大事だと改めて思わされました。


しかし、いつ来ても安定しているたましろのガラクタっぷりは保全状況も良好で近い将来の世界遺産登録も夢ではないといった感じでした。たましろに泊まるようになって10年目ですが、散らかりっぷりは10年来変わらずで、これ以上にもならないしこれ以下にもならない。因みに室内はそんなに散らかってないのでご安心を。



とはいえ宿泊したのはいつもの別館。本館から歩いて2〜3分のところにあって、建立された年代は不明です。


本館が小奇麗に感じるほどの佇まい。最近流行の古民家風とかあまっちょろいものではなくただの古民家。土着感がハンパないです。


初めて島を訪れた際に“寂れた雰囲気がなんともいえない空き家だ”と思わずシャッターを切った事があるのですが、今ではそこに宿泊しています。


一見ダウナーな感じですがただ寝起きするだけだし、日ごろから無頓着で非潔癖症な自分にとってはこれで十分。決まった時間に食事も出るし、世界一奇麗な海で泳ぐことが出来るし、最高に自由な服役生活を送っている感じです。


しかしながら、今回の波照間は暑かった!特に夜、風が無くて蒸し暑くてちょっとしんどかったです・・・今までの訪問は冬が圧倒的に多く、唯一夏場に訪れた前回の訪問時(9月)でも風があったのでさほど暑く感じなかったのですが、風が無いとさすがに過ごしにくいですね。次回訪問時の宿選考基準に風通しの良し悪しを加えたいと思います。(とはいえ、寝ているだけで汗びっしょりの本土の熱帯夜ほどではなく、あくまでも過去の滞在時比べなので十分寝れるレベルです。きっと今回はどの宿も同じくらいだったでしょう)




◆◆星になったタマワゴン

何度もこの島を訪れてしまいたくなる理由の一つが満点の星空。他の旅行者の間でも“また見たくて訪れた”って人が多くて納得でした。前回訪問時のブログでも星空の写真はアップしましたが、今回も撮影して来ました。
(PC以外だと見づらいかも)








雲もなく、月の影響が殆どない条件(そこを狙っての日程でした)だったので終始最高のコンディションでした。



前回の訪問時、島にある星空観測タワーという施設へのツアーに参加した際に、台湾の街明かりでかすかに西の空が白くなっている現象を見る事が出来たのですが、今回も前回同様に西の空がうっすらと白んでいて手前の雲が浮かび上がっていました。日もとっくに暮れた22時半。後で地図で調べましたが方向的にちょうど台北方面を向いていたので恐らくこの光は台北付近の街明かりではないかと思います。前回、台湾の街明かりを見た際は貴重な光景を見たなと思いましたが、実は波照間島では日常的に隣国の気配をこうやって感じる事が出来るのかもしれません(携帯、スマホじゃよく分からないの出来ればパソコンで見るのをお勧め。明かりを消したら更に島気分が味わえるはず)。



前回に引き続き、スペースシップのようなたましろ送迎用ワゴン(通称タマワゴン)。


しかし残念な事に翌日突然に動かなくなり、上の写真は恐らく生前最期の姿を捉えた写真となってしまいました・・・・内外ボロボロになるまで使われて、数え切れない程の旅人の思いを乗せて走り続けた“タマワゴン”。亡くなる前日に奇麗な姿を撮ってあげれて、少しは弔う事が出来たかもしれません(バッテリー上がりでもなく、玉城さんのテンションから察するに蘇生は望めない感じでしたが蘇っていたらごめんなさい)。


そんなつかの間の島時間。滞在中は一切冷房に当たることがなく体が異常に熱をおび基準値超えだったので、石垣に戻ってきて冷房の効いた店に入った瞬間「れ、冷房最高・・・」と泣きながらひざまづいてガッツポーズしてしまいそうでした。


暑くてちょっと参りそうになって“もう暫くは来るのやめようかな”と思ったりもしましたが帰宅してみるともう既に懐かしく感じています。


恐らく8度目の訪問もあるかと思いますが、次回は風の心地よい日に狙いを定めて訪問しようかと思います。